記事一覧ページで記事ごとの説明文を「抜粋」機能を利用して指定する

抜粋機能
おかぴー

こんにちは!
WEBデザイナーのおかぴー(@blueokap)です。

僕の詳しいプロフィールと、このブログについてはこちら

 

『記事を作成したのはいいけど、一覧表示させると記事の説明文がどれも同じ始まり方になっちゃう』

『記事ごとに違う説明文を表示させたいのに、「こんにちは!〇〇です!」みたいに並んで困る・・・』

 

こんな経験ありませんか?
実はこれ個人的にもかなり気になってました。

僕のブログの場合、最初に必ず挨拶してから始めているのですが、
この挨拶がずっと記事一覧の説明文のところに出てきてしまってて、何回も挨拶を見ることに。

こんな感じ↓

抜粋機能

そのため、あえて「吹き出し」を使うとそこは除外されるようなので、それでやっていたのですが・・・

おかぴー

本文に依存せずに文章を指定するにはどーしたらいいの?
PHPファイルをわざわざいじらないといけないのか、それともプラグインか??

・・・と思っていたら、実はその解決方法がとても簡単でした^^;

ということで、今回は「記事の内容を抜粋して指定するやり方」をお伝えしたいと思います!

 


解決策

今回の解決ポイントはこちらです。

ポイント

WordPressに備わっている「抜粋」機能を利用

この抜粋機能は、デフォルトでは項目が表示されていないようで設定しなければ出てこない項目でした↓

抜粋機能
おかぴー

隠れてたんかーい!

このワードプレスの記事作成画面の上にある「表示オプション」の中の「抜粋」にチェックを入れると、
下の方に入力欄が表示されるようになります。

抜粋機能

ここに記事の簡単な説明文を記入していきましょう!

そして、こちらが抜粋機能を利用して作成した記事一覧ページです↓

抜粋機能

やっぱり、記事ごとにちゃんと内容を変えて表示させた方が、どんな記事なのか内容が伝わりやすいですね!
ただし、あまり長くしすぎると逆に読みづらくなるので注意してください。

こちらが長くした場合のパソコンの画面↓

抜粋機能

こちらがスマートフォンで見たときの画面です↓

抜粋機能

んー、スマートフォンだと特に画面いっぱいに表示されてしまって、
逆に他の内容を見ることができなくなっていますね。

そして、なんか文章もずっとつながっていて読みづらい印象があります。

「短く・わかりやすく」が一番よさそうですね。

 

ちなみに、グーグル検索で出てくる「description(ディスクリプション)」とは違います。

※descriptionとは検索して出てきた記事の説明文のこと↓

抜粋機能

これは、「All in One SEO Pack」というプラグインで指定することで、グーグルにこういう内容ですよ〜と表示してもらうための設定です。

「All in One SEO Pack」をインストールすると、グーグルで検索されたときに表示される説明文を指定できる機能があります。
インストールすると、抜粋機能の上あたりにこのような表示がされるので、内容をわかりやすく記載するといいです^^↓

抜粋機能

個人的に実際に抜粋に文字を入力していたら、長すぎなければdescriptionと同じでもいいのかもしれないと思いました。
どちらも端的に内容を説明することには変わりはないと思いますので。

 

まとめ

今回は、記事一覧で文章を抜粋して説明文を表示させる方法をご紹介しました。

このブログで利用しているテーマでもある「ストーク」では確認できましたが、他のテンプレートだとワードプレスの抜粋機能と連携していないかもしれないのと、デフォルトで入力欄が用意されているものもあるかもしれないですね。

 

せっかく書いた記事の内容も、クリックして読んでもらえなければ、
伝えたいことも伝えきれないで終わってしまうかもしれません。

今回お話ししたのは「記事の説明文」についてでしたが、
「記事タイトル」「アイキャッチ画像」も記事を見てもらうための大事な要素だと考えています。

こちらも意識して記事を作成いくと、
よりブログのPV数も高まると思いますのでぜひ活用してみてはいかがでしょうか^^

▼無料で収益化の知識が学べます▼

ビジネスモデル作り

「デザイン性の高いブログ」「ビジネスモデル作りの基礎知識」

この2つがあれば、情報発信で収入に困ることはありません。

知識・ノウハウだけでなく「収益化するためのビジネスモデルの作り方」を『無料』で学べます。

さらに今なら「ロゴ・アイコン」などを無料で作成・プレゼント!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください